診療科目

Dental treatment menu

腫れづらい親知らずの抜歯

ホワイトニング 「親知らずを抜いたほうがいいの?」
「親知らずを抜きたいけどどこの歯医者で抜いたらいいか分からない・・・」
など、親知らずに対してお悩みがある方は高谷にご相談ください。歯科口腔外科医として長年勤務し、通算で約20,000本抜歯をしてきました。
親知らずの処置は、歯科医師の技術や経験により患者様への負担が大きく変わります。当院ですでに治療された患者様のほとんどに、腫れが出ず、歯の生え方や状態によっては数分で抜くことができます。難しい症例でも対応いたします。処置の前にも丁寧に説明いたしますので、ご安心していただけると思います。大学病院を紹介された方も、一度ご相談ください。

親知らずを抜いたほうがいい場合

ホワイトニング こんな症状の時には、お早めに受診を
他院で断られてしまった方も当院で対応いたします。


● 親知らずが虫歯になっている。
● 何度も腫れたり痛みが出ている。
● 親知らずの周りが歯周病になっていたり、手前の歯が虫歯になっている。
● 親知らずが周りの歯を押して歯並びに影響がでている。

抜歯の手順

1 表面麻酔

注射麻酔の痛みを和らげるためにまず表面麻酔をします。

2 注射麻酔

歯のまわりの歯肉に麻酔をかけていきます。場合により歯の奥にある太い神経を麻痺させる方法で麻酔をします。

3 抜歯

メスなどを使用して、歯が見える状態にし抜歯をしていきます。完全に埋まってしまっている場合や、歯冠が引っかかってしまう場合などは分割して少しずつ抜いていきます。(手術時間・・・約30~45分)

4 抜歯した箇所の掃除

抜歯により開いた箇所を掃除して、綺麗にしていきます。

5 歯肉の縫合

歯肉を糸で縫って傷口をふさぎます。

6 消毒・抜糸

翌日または翌々日に消毒、抜歯をした日から7日~10日後に糸抜きをします。

抜歯後の注意事項

食事

術後の食事は刺激物や熱いものは避けてください。なるべく柔らかい物を食べるようにして、抜歯した部位ではあまり噛まないようにしてください。術後2~3日は腫れる場合が有りますが、徐々に落ち着いてきます。手術後に痛みが出る場合がありますが、落ち着いてきますのでご安心ください。

服薬

術後、鎮痛剤(痛み止め)と抗生物質(化膿止め)を服用しますので、用法を守ってください。鎮痛剤は服用間隔を4~5時間以上あけてください。また消毒日にうがい薬を処方しますので、毎食後と寝る前にうがいをして、抜歯した箇所を清潔に保ちましょう。術後はあまり強いうがいはなさらないでください。

入浴

当日の入浴は控えていただき、シャワーで済ませましょう。

アルコール、タバコ

ビール、お酒等、アルコールや喫煙は控えてください。傷口の治りが悪くなってしまうことがあります。

高谷秀雄歯科クリニック

〒329-1105 栃木県宇都宮市中岡本町2977-1
〈メール〉info@takatani-dental.jp
〈TEL〉028-666-4183
診療時間/9:30~13:30・14:30~18:30
休診日/水曜・日曜・祝日

クレジットカード・ローンOK

保険外診療の場合、クレジットカードやデンタルローンもご利用可能

クレジットカード・ローンOK/VISA,MASTER,JCB,Diner's club,amex,アプラス新生銀行

Copyright©2018 takatani-dental All rights reserved.