診療科目

Dental treatment menu

予防歯科

予防歯科

お口の健康を保つため大切なケア

歯を失う人の多くは歯周病が原因です。歯周病も虫歯と同じように口の中に住む細菌が食べかすをエサに増えることでおこりますが、虫歯の原因菌とは種類が違って、毒素を出して歯肉や歯を支える骨を破壊していきます。虫歯のように激しい痛みを感じないので、気づかないまま悪化させてしまう人も少なくありません。自覚が無いだけで、30歳を過ぎると80%以上の人が歯周病にかかっていると言われています。歯が抜けるのを防ぐために、まずは定期検診で歯周病チェックを行いましょう。

歯周病とは

歯周病は歯の周囲組織に起こる疾患をいいます。虫歯と同じように細菌感染が原因です。近年では、口の中の慢性的な炎症や歯周病の原因菌が、肺炎や心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病に起因する病気などとの関連性が問題となっています。また、歯周病や虫歯の原因菌は人から人へ移ることがあります。例えばスプーン等の共用、口移しの食事などで赤ちゃんや小さいお子さんと接することで感染してしまう恐れがあります。歯周病は自分で気付くのは難しいですが、自分のためだけでなく家族のためにもお口のケアの大切さを理解しましょう。

健康な歯肉

歯は、歯肉や歯槽骨などの歯周組織により、しっかり保持されています。何でも食べられますし、特に問題はありません。

歯肉炎

磨き残しがあると、歯周病菌が中に入って繁殖をして歯垢(プラーク)となり、歯と歯肉の境目の部分の歯肉に炎症をおこします。ほとんど症状はありませんが、歯磨きのときに出血したり、硬いものをかむと痛かったりすることもあります。

歯周炎

プラークに唾液中のカルシウムやリンが作用して石灰化します。この石灰化した物を歯石といいます。歯石は歯と炎症を起こした歯肉の間の溝(歯周ポケット)の中にまで到達し、歯周病菌の働きにより大きくなっていきます。この歯石を住みかとして歯周病菌は歯槽骨に向かって攻撃を進めていき、歯槽骨を吸収していきます。歯のぐらつきや、歯磨きの度に出血する、口臭がある、噛むと痛いなど様々な自覚症状が出始めます。

重度の歯周炎

歯槽骨の吸収が進むと歯のぐらつきが大きくなり、軟らかい物でも噛むのが困難になります。また、出血や口臭などのその他の自覚症状も強くなります。見た目には歯肉が炎症を起こして腫れているため、あまり変化が無いように見えますが、歯石や歯周病菌が、歯全体を取り囲むように存在し、やがて自然に歯が脱落します。このように、磨き残しに生息しはじめた歯周病菌が歯肉に炎症を起こし、歯槽骨を吸収していくのが歯周病の実態です。つまり、歯周病とは、歯周病菌の感染による、歯槽骨の病気なのです。

当院の歯周病検査

視診・レントゲンによる検査と歯周ポケットの検査を丁寧に行います。

●プロービング検査

歯周病菌が歯の周りに病巣を作ると、歯ぐきが歯から離れてきて「歯周ポケット」ができます。この歯周ポケットの深さを測ることをプロービングと言い、その深さによって歯周病の進行度をチェックします。

●プロービング時出血

歯周病菌が活動しているとき、歯周ポケットの中は出血しやすい状態となっています。プロービングをしたときの出血の度合いで、歯周病菌の活動度をチェックします。

健康的な状態歯周病の状態

●動揺度検査

歯周病が進行すると、歯の周りの骨が溶けてきます。支えがなくなった歯のぐらぐらする具合をチェックするのが「動揺度検査」です。

●プラークスコア

プラークスコア

歯に付着している歯垢の残り具合をチェックすることを「プラークスコア」といいます。歯と歯の間・奥歯の噛み合わせの部分・歯の裏側などの歯ブラシが届きにくい場所は、自分ではしっかり歯磨きをしているつもりでも歯垢の磨き残しが多くなりがちです。歯垢は歯周病の原因になるほか、放っておくと石灰化して歯磨きでは落とすことができない歯石になってしまうので早めの対処が必要なのです。そのため、歯に付着した歯垢の磨き残こしがないか、プラークスコアによってしっかりチェックします。


当院の歯周病治療

歯周病治療における一番の柱は歯周病菌の除去です。歯周病菌は歯垢の中に棲んでいますので、まずはこの歯垢を除去することが大切です。治療が終わってからも、再び歯周病にならないよう定期的な検診とお口の中のクリーニングをお勧めしています。

●歯垢除去

歯垢除去

ブラッシングによる歯垢除去、器具を使って掃除するPMTC、薬液で洗い流すなどの方法を使って歯垢を除去していきます。


●食事指導、生活指導、ブラッシング指導

歯科衛生士が、普段の食生活や生活習慣の改善、ブラッシングの改善などの指導を行い、歯垢が付着しづらい歯を作っていきます。

●歯石除去

歯石除去

歯垢は、時間が経つと唾液中のカルシウムが沈着して硬くなってしまいます。この状態を歯石と呼び、溜まってしまったら除去しなければなりません。歯ぐきより上の部分の歯石除去(歯肉縁上スケーリング)を行います。


●ルートプレーニング(SRP)

歯ぐきの中にまで歯石が沈着した場合も、除去(歯肉縁下スケーリング)が必要です。また、ざらざらになった根っこの表面をツルツルにし、組織がなじみやすくするように「ルートプレーニング」も行います。この2つの作業は同時に行うことが多く「スケーリング・ルートプレーニング」とも呼ばれます。

●歯周外科治療

歯周病が進行すると、スケーリングやルートプレーニングでも状態が改善しないことがあります。歯垢や歯石を取りきれなかったり、歯ぐきの質の改善が必要だったり、骨がいびつに溶けてしまったりしている場合は、歯周外科治療が必要となります。

フラップ手術

歯ぐきの奥に隠れたプラークを徹底的に取り除くための手術です。外からのスケーリングだけでは、炎症の原因となっている奥に隠れたプラークや歯石を取り切れないため、切開をして奥までしっかり綺麗にしていきます。プラークと歯石の除去が終わると、切開した部分を糸で縫って手術は終わりです。

●歯周組織再生療法

エムドゲイン・GTR法・結合組織移植術、歯肉弁側方移動術・歯肉弁歯冠側移動術など、各種歯周組織再生療法に対応しております。ご相談ください。

《歯周病から歯を守るために》

歯周病から歯を守るために、日ごろからお口のケアが大切です。口腔内を清潔に保つことで歯周病菌が生存しにくい環境をつくることを心がけましょう。歯周病は早期発見と早期治療が大切です。重度化してしまうと、自然に元に戻ることはありません。歯が痛くなくても、歯の健康を維持するために歯の清掃やブラッシング指導を受けましょう。

高谷秀雄歯科クリニック

〒329-1105 栃木県宇都宮市中岡本町2977-1
〈メール〉info@takatani-dental.jp
〈TEL〉028-666-4183
診療時間/9:30~13:30・14:30~18:30
休診日/水曜・日曜・祝日

クレジットカード・ローンOK

保険外診療の場合、クレジットカードやデンタルローンもご利用可能

クレジットカード・ローンOK/VISA,MASTER,JCB,Diner's club,amex,アプラス新生銀行

Copyright©2018 takatani-dental All rights reserved.