診療科目

Dental treatment menu

一般歯科

虫歯や歯周病などの治療と予防

一般歯科では、おもに虫歯の治療や歯周病治療を行います。
虫歯は、ほおっておくと治ることなくどんどん進行していきます。
最終的には歯を残すことができず、抜歯をしなくてはいけなくなってしまうので、早い段階での治療が大切です。
以前治療した、詰め物や被せ物が取れてしまった状態でそのままにしておいても、どんどん状態は悪くなっていってしまいます。痛みがない場合でも、虫歯は進行している恐れがありますので、お早めに受診されることをおすすめします。

虫歯の進行と症状

虫歯の進行の度合いによって、治療方法が変わってきますので患者様のご希望も伺いながら、治療を進行させていただきます。

虫歯になる一歩手前の状態
(セルフケアで改善が可能)

歯に穴はあいていないけれど、表面が溶けてつやがなくなり、白く濁って見えたり、薄い茶色になったりします。

《治療法》
フッ素を塗布し、再石灰化を促します。削る治療はありません。

虫歯の症状と進行の様子(治療が必要)

軽度の虫歯

痛みはないが、歯に穴や茶・黒ずみができている状態です。歯の表面にあるエナメル質が虫歯に侵されています。

《治療法》
そのままにしておくと虫歯が進行してしまうため、削る部分は最小限にし、レジンというプラスチックを詰めます。

中度の虫歯

冷たいものがしみるようになります。エナメル質の下にある象牙質まで虫歯が進んでいます。この段階になると甘いものもしみてくることがあります。

《治療法》
虫歯の部分を削り、詰め物(インレー)を作製して保護します。場合によっては麻酔を使用することもあります。

重度の虫歯

歯がズキズキと痛むようになってきます。歯の神経近くまで虫歯が進行している状態です。

《治療法》
麻酔をして、エナメル質を大きく削り、神経を取る治療を行います。

最重度の虫歯

歯がほとんどなくなり、根だけが残っている状態です。この状態をさらに放置すると根に膿を持ち、強烈な痛みを感じるようになります。痛みを通り越すと、症状がなくなることもありますが、虫歯菌が血管を通って全身に回り、合併症を引き起こすリスクが高まります。

《治療法》
抜歯が必要な状態であれば抜歯をし、ブリッジ・義歯・インプラントなどの治療を行います。

抜歯後の治療

歯を失った後の治療には、いくつかの方法があります。
ご自身の症状やそれぞれのメリット・デメリットなどをもとに総合的に判断し、治療法を選択することが大切です。



ブリッジ

ブリッジは、抜いた歯の前後の歯を削り、橋のようにつなげる治療方法です。
残っている歯を土台にし、3つ連なった人工の歯を接着剤で固定するため、自分の歯のように噛むことができます。ブリッジは、歯を削るだけで、歯茎に対して外科的な処置はいたしませんので、インプラント手術ができなかった方でも治療を受けることができます。歯茎を切ったり、骨を削ったり、手術が怖いと考えている方におすすめの治療法です。

ブリッジのメリット

・固定式のため、自分の歯と同じような感覚になる。

・歯を失ってしまった場所や使用する素材によっては保険を適用できる。

・歯と歯をつなぐ事によって、噛む力を分散させられる。

・手術の必要がない。

ブリッジのデメリット

・土台となる健康な歯を削らなくてはならない。

・多数の歯が欠損している場合は、ブリッジは使えない。

・天然の歯に近い素材を利用するブリッジは保険が適用できない。

・歯と歯ぐきの間に、物がはさまりやすい。

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削り3本の人工歯を被せます。

ブリッジ治療方法 ブリッジ

義歯(入れ歯)

義歯とは、歯がないところに人工の歯を取り付けて使う装置のことです。歯がない状態だと、食べ物が噛みにくく、言葉も聞き取りづらくなります。また、噛みにくくなることで全身の健康に影響がでることもあります。

義歯(入れ歯)のメリット

・使用する材質によっては保険の適用範囲内で作成ができる。

・手術をする必要がない。

・他の疾患がある場合も使用できる。

・調整・修正がしやすい。

義歯(入れ歯)のデメリット

・隙間に食べ物などが挟まり、違和感が出る可能性がある。

・噛む力が天然の歯に比べて弱い。

・保険適用の総入れ歯の場合、食事の際の味覚や触覚が損なわれる可能性がある。

・保険適用の総入れ歯の場合、しゃべりにくかったり、装着時の違和感を感じることがある。

部分入れ歯

金属のバネを、残っている歯に掛けて人工歯を固定します。

部分入れ歯

総入れ歯

人工歯を歯茎全体に被せます。

総入れ歯

レジン床義歯

歯肉に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険診療の入れ歯です。
金属素材よりも多少厚みがあるので熱が伝わりにくく、食べ物の温度が感じにくくなります。また、人によって装着時に少し違和感を覚えることがあります。 一般にレジンは、他の素材と比べて適合性がやや劣るといわれていますが、最近ではこのデメリットを改善できるレジン床義歯も出てきています。 保険適応なので安価に治療でき、ほとんどの症例で使用できるといったメリットもあります。


ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、部分入れ歯の金具(バネ)がないものです。
金属の止め具がない入れ歯ともいいます。現在、義歯を使用している方はわかるかと思いますが、部分義歯(入れ歯)には、入れ歯が動かないようにするための金属製の金具(バネ・止め具)が付いています。 ノンクラスプデンチャーは、金属製の金具の代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支えます。そのため、口を開けても金属製の金具が見えないので、審美性に大変優れています。


白い被せものを保険診療で (虫歯治療)

虫歯になってしまったら、虫歯部分を削り、詰め物や被せものを施しますが、最近は審美性を重視し、白い被せものをご希望の患者様が増えています。保険適用になる被せものとしては、銀歯が一般的ですが、保険が適用になる「ハイブリッドレジン」という白い素材もあります。この素材は、銀よりも強度的に劣るため、使用できる歯に制限がありますが、ご希望があれば、ぜひ一度ご相談ください。

高谷秀雄歯科クリニック

〒329-1105 栃木県宇都宮市中岡本町2977-1
〈メール〉info@takatani-dental.jp
〈TEL〉028-666-4183
診療時間/9:30~13:30・14:30~18:30
休診日/水曜・日曜・祝日

クレジットカード・ローンOK

保険外診療の場合、クレジットカードやデンタルローンもご利用可能

クレジットカード・ローンOK/VISA,MASTER,JCB,Diner's club,amex,アプラス新生銀行

Copyright©2018 takatani-dental All rights reserved.